調べ物があって、
古い申告書を倉庫でひっくり返していたら、
見たこともない法人の申告書を見つけてしまいした。
法人臨時特別税申告書
その名も『法人臨時特別税申告書』
なんじゃ、こりゃ?
と思って調べたら分かりました。
1990年の湾岸戦争の時に
平和回復活動を支援するために
必要な財源確保の措置として
一時的に設けられた課された税金だったのですね。
不勉強でした。
湾岸戦争のときは
まだ高校生でしたが、
「戦争が始まった!」
ということで大変強いインパンクとがあったことを覚えています。
のほほんと高校生活を送っていたときに
事務所ではこんな申告書が作られていたのかあ
と、歴史の重みをちょっとだけ感じました。