e-taxで新設法人の設立届を出しました。
今までなら、登記簿謄本と定款は別途提出でした。
しかし、今回は定款のみ別途提出で、登記簿謄本は「オンライン登記情報提供制度」というのを使ってみました。民亊法務協会で、登記簿謄本の「照会番号」というのを取得して、その番号を設立届に入力のうえ電子申告をしました。登記簿の原本を取得するよりも半額以下の値段ですみます。
すると、提出から数日後、「定款しか提出がなかったので、登記簿謄本の確認をしたいのですが・・・」と税務署より電話がありました。照会番号の説明をしたら、「ハァ、そうですか」と、あまり釈然としない感じだった。
多分その職員さんはこの制度を知らなかったのかも?
もっとも、こちらも「オンライン登記情報提供制度」を使って申告するのは初めてだったので、私の説明も自信のない説明だったかもしれません。