以前、生命保険会社の人より、
単体の医療保険は、
収益性の観点から合わないので
ウチでは扱っていません、
と聞いたことがあります。
今日、別の生命保険会社の人から、
医療保険は
ウチで一番もうかる商品だ、
と聞きました。
前者は国内大手生保、
後者は通販/ネット型の生保会社の話。
その違いは、
会社組織の違いにあるようです。
単体の医療保険は
1件あたりの契約金額が低い。
国内大手生保は、
営業部隊・営業所を数多く抱えているため、
細かい契約ばかり取っても、足が出てしまう。
逆に
通販/ネット型の保険会社は、
営業部隊・営業所はあまり抱えていないので
細かい保険でも十分に元が取れる、
ということのようです。
薄利多売といったところですね。
どちらがよい・悪いというよりは、
会社のタイプの違いともいえるかもしれません。