お客様で、こんな時代に売上を伸ばしている
繊維関係の会社の社長さんに聞いた話です。
yun_3079_convert_20100831093751.jpg
桐生の繊維産業はみな中国に持っていかれ
今は全然よくない、という話をよくききます。
実際そうなんですかねえ?、とその社長にぶつけたら
そうとも言い切れないというのです。
中国に安い単価で持っていかれているのは確かだが、
今は中国の単価が上がっているのと、
中国国内で第3次産業に人が流れて
工場の人手が足りないのとで、
また日本国内に仕事は流れてきているというのです。
そういった仕事は
確かに単価は以前ほどは高くなく、
また、納期も比較的短いです。
そういった仕事が戻ってきているのに
単価が以前ほど高くはないので、
工場は遊んでいるのに
仕事を断られるケースがあるそうです。
単価が安く、納期が短い仕事を請けるかどうかは
それぞれの社長さんの考え方次第ですが、
繊維関係の仕事が
中国に行きっぱなしではないことに驚きました!