昨日は伊勢崎市文化会館で、相続税関連の研修会でした。
行きがてら、伊勢崎街道沿いに黄色い建物がひときわ目立つ
「ラーメンきむら」にて昼食。
ラーメンきむら
きむらさんは、手打ち麺はもちろんのこと、
餃子の皮まですべて自分の店で手作りしているとのことです。
こだわりのラーメンと餃子はとてもおいしかったです。
で、研修会は資産税の大御所、岩下忠吾先生。
岩下先生の研修会は、サラリーマン時代から数えて7~8回目位になりますが、
どの研修会に出ても、まずなにより話すのが非常~にうまい。
聞いてるだけで面白い。
面白いうえに、独自の理念を持って税法にあたるので、
非常に斬新な切り口が多い。
とても勉強になりました。
暮れの忙しい時期だけど、ホント行ってよかったです。
その中で、税法とは直接関係ないのですが、
岩下先生の先生である山本守之先生の教え、として
話してくださったのが、
「会社の社長さんが払う税金は、数字じゃなくて、現金なんだよ。」
ということ。
社長さんは、身を切る思いで会社から税金を払っているので、
納期限ギリギリで「税金○○円です~」というのはイカン。
決算期後1ヶ月で報告しろ、というのです。
現実的には、1ヶ月で決算が終わらないこともありますが、
考え方としてはもっともですよね。
激しく同意して帰ってきました。