先日、コピー機を新たにリースで導入してくれれば
次の条件で顧問先を紹介してくれる、
という新手の営業がありました。
複合機
 ・リース条件は、6年間、月額39,800円→総額2,865,600円
 (後でネットで調べたら、同機種のリース料相場は、
  月額12,390円→総額892,080円だった。)
 ・リース期間内にお客様を最低3件紹介してくれる
 ・3件顧問契約できるまで紹介し続ける
 ・リース期間内に顧問契約0件なら、違約金として150万円支払う
  (1件なら50万円、2件なら15万円)
上記をひとことでまとめると、
リース料名目の紹介料約200万円で
顧客を3件契約させる、というものです。
1件当り66万円の紹介料です。
この会社は、
相場のリース料のほか、200万円余計にもらうことになるので、
仮に顧問契約0件で、違約金150万円支払っても
損をしないどころか、
コピー機のリース契約+50万円が残る、
ということです。
一見、winwinな契約のようですが、
この会社のリスク負担はゼロ、
会計事務所のみリスクを負うことになります。
最初この話をきいたときは、
「やってみよう!」と思ったのですが、
コピー機のリース料相場を調べて
バカらしくなってキャンセルしました。
継続的なお客様が3件ついてくれれば
200万円の紹介料でも高くは無いともいえます。
しかし、先方のリスク負担がないとなると、
その最低保証の3件さえも怪しくなってくるし
ましてや先方に都合のいいことしかない話なので
よしんば3件顧問契約が結べたとしても、
先方はまた別の会計事務所を探してきて、
4件目は絶対にないな、と思いました。
結果的に私はのりませんでしたが、
それでも、よくこんなスキーム考えたなあ、
と感心しました。
ミソは、複合機のリース料相場が
消費者の情報としてあまり回ってこないので
幾らが複合機代で、幾らが紹介料にあたるのか分からないところですね。
単純に複合機の導入コストだけで済むのなら
のったんだけどなあ。