少し前に、
今年度の固定資産税納税通知書が送られてきましたね。
故あって、
事務所の隣地所有者から、
隣地の固定資産税評価額を教えてもらいました。
すると、あれ??
当方の固定資産税評価額より、
隣地の評価額の方が3割近く高い!?
隣地は更地になっているため、
当方の事務所兼自宅の底地よりも
固定資産税が高いのはうなずけます。
住宅用地には課税標準の特例があるからです。
しかし、課税標準や税額ではなく、
更地評価の固定資産税評価額で、
地続きの隣の土地が3割も高いのはナゾです。
しかも、
隣地は一路線のみ、
当方は二路線に接しているのに。
この場合、
もし、評価間違いなどがあったとして、
高い税金を払っていたのは
隣地所有者です。
わたしは関係ないといわれれば、
それまでですが、
「故あって」
後日市役所に行ってみようと思います。