桐生、みどり、太田、伊勢崎、足利で税理士をお探しなら群馬県桐生市の内田経理事務所

クラウド会計

クラウド会計とは?

クラウド会計とは、会計処理、入力、データの保管まですべてを

インターネットのクラウド上で行う会計ソフト(サービス)です。

クラウド上でデータ管理することにより、

場所やデバイスを問わず自由にアクセスできます。

現在では、クラウド会計と言えばMFクラウド会計

またはfreeeの2社が主なサービスの提供元となっています。

MFクラウド会計    freee

 

MFクラウド会計およびfreeeはともに

独自の技術で銀行データを読み込みに行きます。

上記2社のほかにも、

弥生会計、EPSON財務応援、勘定奉行、ICS、TKCといった

古参の会計ソフトメーカーも

MoneyTreeという、銀行データを提供する会社と提携して

続々とクラウド会計に参入してきています。

MFクラウド会計およびfreeeと

それ以外の会計ソフトメーカーとの大きな違いは、

前記2社はブラウザのみで完結するという点です。

今後はクラウド会計という大きな流れは

企業にとって不可避なものとなってきますが、

MFクラウド会計とfreeeの2社が、

使い勝手、シェアなどの面で優位にります。

 

クラウド会計がはまる会社と、はまらない会社

クラウド会計がはまる会社

次のような特徴のある会社は

クラウド会計の導入が大変スムースにできます。

  • 現在ネットバンクを利用している
  • 現金出納帳はエクセルなどで記帳している
  • 社長及び経理担当者が業務効率化に意欲的である

 

それでは、ネットバンク、エクセル出納帳を利用していない会社は

クラウド会計の導入が難しいのでしょうか?

実際にはそんなことはなく、

当事務所のクライアントの事例で

所有口座のすべてでネットバンクに契約し、

クラウド会計に100%移行した

売上数億円規模の法人様もあります。

 

「ウチの会社でもクラウド会計が導入できるのかな?」
と気になった方は是非一度お問い合わせください。
初回ご相談は無料です。

 

クラウド会計がはまらない会社

一方クラウド会計がはまらない会社は、

出納帳を含め帳面はすべて手書き、

ネットバンクを利用する予定がない会社です。

パソコンが詳しくなくともクラウド会計の導入は可能です。

(当事務所で導入のお手伝いをいたします。)

そのため今現在ネットバンクを利用してないくても、

全く問題ありません。

しかしネットバンクそのものに懐疑的で、

そもそも「ネットバンクを利用したくない」

というお考えの場合はクラウド会計の導入は

ちょっと難しいかもしれません。

また、古参の経理社員や職人気質の顧問税理士がいらっしゃる会社も

導入に失敗する場合があります。

そのような会社は、社長が

「クラウド会計を導入して経理を合理化しよう!」

と思い立っても、

実務を取り仕切る経理担当者または

顧問税理士に反対されてしまいます。

クラウド会計の導入は

社長、経理担当者、顧問税理士、会社からルーティンをなくし

結果的にはそれぞれの仕事の幅を広げてくれる

非常に大きな可能性を秘めています。

決して経理担当者や顧問税理士から

仕事を奪う「敵」ではありません。

コンピュータにできることはコンピュータに任せて、

わたしたちは人間にしかできない「経営」をしましょう!

お見積は無料です。お気軽にお問い合わせください。 TEL 0277-44-4395 受付時間 9:00~18:00 【土・日・祝除く】

PAGETOP
Copyright © 内田経理事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.